立ち仕事 足の疲れ

立ち仕事をするにあたっての注意点

日常的に立ち仕事をする機会が多く、様々なトラブルを抱えている方が増えています。
長時間立ち仕事をしていると誰もが感じるのが足のだるさや痛みですが、
単純に違和感があるだけでは済まずに何らかの悪影響を引き起こす可能性があります。

 

多くの方が実感するトラブルが足のむくみです。
長い時間立ちっぱなしで過ごしていると、足がパンパンにむくんでしまってブーツが履けなくなり、
靴が脱げない状態になる場合が多いです。

 

足を押してみるとかなり凹みが生じるくらいにひどいむくみが生じる場合があります。
きちんとマッサージを行っているとむくみが気にならない程度に回復する場合もありますが、
何日経ってもなかなか回復しない場合は十分注意しましょう。

 

心臓から遠い下半身は特にむくみやすく、余分な老廃物が蓄積しやすい状態になります。
下半身太りや下肢静脈瘤などのトラブルを引き起こす可能性が高いため、
十分注意して過ごしましょう。

 

かなり痛みを伴う外反母趾になる場合もあります。
高いヒールの靴を履きながら立ち仕事をしている方は最も外反母趾を引き起こしやすくなります。
外反母趾がひどくなるとあまりの痛さに上手に歩きにくい状態になります。
歩行困難になるほど強い痛みを感じる場合は、手術をして回復させる場合もあります。

 

立ち仕事が長くなるほど体のあちこちに痛みを生じます。
足腰は最も負担がかかり、背中の痛みを伴う場合もあります。
特に腰の痛みがひどくなるほど立つことも歩くことも難しくなります。
あまりにもひどい痛みを伴う場合は他の病気を併発している可能性があるため、
病院で詳しい検査を実施する必要があります。

 

立ったままの状態で仕事をするよりも、定期的に体を動かしながら
仕事をすると様々なトラブル防止に役立ちます。
仕事上、どうしても体を動かせない状態の方は、足首だけでも動かすようにすると良いです。
立ったまま家事をしなければいけない場合は適度に力を抜いて、
家族の協力を得るなどの方法で上手く乗り切りましょう。

立ち仕事での足の疲れを減らすために

立ち仕事が慣れるまで足の疲れに悩んでいる人も多いと言われています。
このサイトでは少しでも足の疲れやむくみ、腰痛などに対処できる方法やケアなどを
紹介していきたいと思います。